住宅ローンと金利

住宅や付随する土地の購入、リフォームなどの際に多くの人が住宅ローンを申し込みます。住宅ローンとは、本人及びその家族が居住するために購入・新築・リフォームなどを行うために金融機関などから受ける融資のことです。住宅ローンの金利は低く抑えられ、返済期間が長期に及ぶのが特徴であり、普通銀行・労働金庫・信用金庫・信託銀行など民間の金融機関や住宅金融専門会社などの取り扱い会社があります。貸し出し条件には融資を受ける本人に安定した収入があることや、連帯保証人や保証会社を用意するなどの最低条件を課しているところがほとんどです。取り扱い会社によって、年齢・年収・勤続年数・頭金や団体信用生命保険の加入の制約によって貸し出し金額が申し込み可能かどうかの目安は公表されていますが、詳細は一般的に非公開となっています。住宅ローンの金利は取り扱い会社が定めたものとされており、金利が変動するものと完済まで固定されているものが存在します。また所定の保証会社の保証が求められる場合も多く、万が一返済できなくなった場合に、保証会社もしくは連帯保証人が残りの責務を返済し、債権を回収します。住宅ローンの借り入れ可能額は各金融機関・取り扱い会社の審査によって決定され、年収倍率という指標が試算に使われることが多く、返済比率を使って決められることもあります。返済が滞った場合には、連帯保証人や保証会社が各金融機関や取り扱い会社に対して代位弁済を行います。